読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然草のように

個人ブログです。

【書評】大槻ケンヂさんのリンダリンダラバーソールについて書いてみました。

書評
友だち追加

リンダリンダラバーソール、このタイトルに懐かしさを感じる方も、きっと多いのではないかと思います。

リンダリンダはTHE BLUE HEARTSの名曲、ラバーソールは靴底がゴム製の革靴です。

どちらも、1980年代のバンドブームを象徴するキーワードです。

作者の大槻ケンヂさんも「リンダリンダラバーソール」に象徴される時代に一世を風靡した筋肉少女帯のボーカリストとして活躍されていました。

私は「リンダリンダラバーソール」な時代に、まだ小学校にも入学していなかったので、当時のことは全然記憶にありません。

ですが、この本はそんな人にもバンドブーム前夜(更には大槻ケンヂさんの「何かしたいけど何をすればいいか分からない」大学生時代も)、バンドブーム到来の喧騒、そしてブームの終了…その中で大槻ケンヂさんの見たバンドマン達について、かなり詳しく知ることが出来ます。

物語は大槻ケンヂこと「オーケン」と、その彼女の「コマコ」を中心に進みます。

コマコが実際の彼女だったのかは、定かではないようです。

世の中は経済で回っています。

どんなに綺麗事を並べても、お金を生まなければ長続きさせることはできません。

バンドに限らずブームとは得てしてそういうもの。

そして大衆から忘れ去られてしまうのです。

しかし、ブームの中でオーケンが見失ってしまったコマコと、やがて再会を果たすくだりは、何度読んでもこみ上げてくるものがあります。

コマコは覚えていたのですから。

ブームが去ろうとも、覚えていたのですから。

このリンダリンダラバーソールは、1980年代のバンドブームの空気感を味わいたい方には勿論ですが、甘酸っぱい青春小説としても、きっと楽しめることと思います。

↓関連記事↓
【書評】伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」を読んでの感想を書いてみました、その他etc - 徒然草のように(仮)
【書評】スピリチュアルな見解と幸せで豊かになる法則のロンダ・バーンのザ・シークレットに感動! - 徒然草のように(仮)