読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然草のように

個人ブログです。

【書評】ロバートキヨサキさんの金持ち父さん、貧乏父さんを読んで思ったことを書いてみました【投資】【不労所得】

友だち追加

不労所得を得たいと一度は考えた事があると思います。

不労所得でなくても何かに投資をしたいと考えた事はあると思います。

その時に一番お勧めの本は“金持ち父さん、貧乏父さん”です。

著者はハワイ在住の日系アメリカ人です。

外国の方が書かれた本ですので少し日本の法律とは合わない所もあります。

しかしこの本で訴えたい事具体的な法律や税金の内容では無く投資とは何か、なのであまり重要視する必要もありません。

又、外国の方が書かれる本はどこか言い回しが理解しにくい所もありますが、この本では少なく容易に読み進める事が出来ます。

この本が有名になった時には多くの方が読みそのまま不動産投資を始めた方も居られます。

ちなみに私もその一人です。

本の中で何度も繰り返して説明するのは、仕事をし毎月給料を貰い、その給料の中でクレジットカードのお金を払い生活費を払い、残ったお金を貯金したり遊びに使ったり、その様なごく普通のお金の使い方に警鐘を鳴らしています。

このお金の使い方、考え方をしていると一生ラットレースから抜け出す事は出来ません。

お金に支配されている人生を送ると言っているのです。

スポンサーリンク

著者であるロバートキヨサキは資産と負債をしっかり区別し毎月の給料からは負債ではなく資産を買いなさいと言っています。

著者の言う試算とはその物から又お金を生み出してくれるものです。

株や配当金の得られるもの、権利金や印税、家賃である不動産等です。

負債に当たるのは自宅、車、ブランド品、その他所有していてもお金を生み出さないものを言います。

イメージとしてはその物を持っているだけで一定期間に一定の額のお金を生み出す物、お金を払って購入したり所有する事でお金をポケットに入れてくれるものは資産、反対に購入する事で何も生み出さない、お金にならない物は負債です。

住宅ローンを組んで購入した自宅は自分たちが住んでいる限りお金を生み出さないので負債に当たります。

資産と負債をしっかり理解し出来るだけ資産を購入し、いつかはその資産から入ってくるお金で生活出来る様になればラットレースから抜け出せると言っています。

一番理解に苦しんだのは良い借金と悪い借金があると言う話しです。

サラリーマンをしていたり、親がお金の教育を子供にしている家庭に多いのは、欲しい高額の物があればしっかり働いてお金を貯めて一括で購入する事、借金はしてはいけないと教えられ、思っています。

しかし、それは間違いなのです。

借金にはいい物と悪い物があると言うのです。

今まで現金で一括で購入すれば利子も払わないでいいのでとても良い買い方だと思っていました。

そうではない、と記載されてあり考えを変えるのはかなり大変な作業でした。

借金で何をするかによってはその借金はいい借金になるのです。

これは借りたお金の利率とそのお金で何をしたか、どれほどの利率でお金を回収出来る事なのかの天秤による比較になります。凄く低い金利でお金を借り、そのお金で高い利率の物に投資すれば借りた元本と利子を返済しながらもお金が残る仕組みになります。

そうすれば良い借金に当たります。

この様な投資を始めるに至って、知っておきたいお金の事、考え方が記載されています。

読み進めると不動産投資の醍醐味等も記載されています。

投資や大家さんを目指す人にはお勧めの本になります。

↓関連記事↓
【書評】大槻ケンヂさんのリンダリンダラバーソールについて書いてみました。 - 徒然草のように(仮)
【書評】スピリチュアルな見解と幸せで豊かになる法則のロンダ・バーンのザ・シークレットに感動! - 徒然草のように(仮)