読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然草のように

個人ブログです。

【書評】あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。の書評

書評
友だち追加

今の日本の会社の現状を書かれています。

ブラック企業と言われる会社だけでは無く、通常の会社でも多くはびこっているのではないかと言う会社と言う形の事が書かれています。

この会社の働き方は合っているのだろうか?

有休っていつもらえるの?

残業代は出ないの?

何で働いているんだろう。

こんな思いをしているのは私だけだろうかと考える方、読んでみて下さい。

実は皆同じ様な事を思いながら仕事をしてるのです。

しかし、一つ注意があります。

既に社畜の方は読まれても響きません。

むしろ嫌な思いをしてしまいます。
スポンサーリンク

何故なら社畜化している今の状況を否定されるからです。

自分がよかれと働き積み上げてきた経験や働き方を根本から否定されるからです。

この様な働き方をするのは日本人だけです。

又、日本人の習慣である空気を読む、と言う“社会人として当然の事”が更に社畜を生産している現状にあります。

今の日本人は働く事にやりがいを求めています。

当然同じ働くならやりがいがあった方が仕事に対して前向きになれます。

そのやりがいを持って働く事で本当に利益を得ているのは誰でしょうか?

働いている本人でしょうか?

やる気を出させる為の上司でしょうか?

それはきっと会社を運営している社長です。
スポンサーリンク

やりがいという実態の無い物に取り憑かれて、やりがいの為なら休みも残業代も返上して働く事が美徳とされる事で休みも残業代も払わなくて済む会社が利益を得ているだけだと言う事です。

人には色んな価値観があります。

やりがいを持って働いてきた会社員に育てられた子供は恐らくやりがいを持って働く事を美徳とします。

その様に小さい頃から言われ、就職活動や転職の時に助言されたのはそういう面だったのかもしれません。

ならば、と仕事にやりがいを探し求める様になります。

本当にやりがいがあれば残業代も休みもいりませんか?

やりがいだけで仕事を継続する事が出来ますか?

今までの環境で当然だと思っていた事は、もしかしたら誰かから思いこまされた物なのかも知れません。

今の環境を打開したいなら、自分が当然だと思っている事等を疑ってみる必要があるかもしれません。

会社に属しどっぷり社畜化される前の、就職前の方に読んで貰いたい一冊です。
スポンサーリンク

これから新たな環境で働こうとする人には不要の内容かもしれませんが、少なくとも初めて少しでも転職を考えた時には読んで貰いたい一冊です。

この本の上に書いてある一般の人の一言に共感出来ると思います。