読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然草のように

個人ブログです。

【書評】山田詠美さんのデビュー作ベッドタイムアイズの一節が強力な自己PRだった頃

書評
友だち追加

私が横浜に住むようようになってからいまだにストーリーのシーンを思い浮かべる場所があります。

夜に限定されますがホテルニューグランドのある通りは山田詠美さんの小説の世界観を思わせる雰囲気が好きです。

バンドホテルのダンスホールシェルルームやホテルニューグランドのシックなバーの事をエッセイの中でもよく書かれていてあのベッドタイムアイズのヒロインとスプーン(黒人の恋人)のラブストーリーを感じさせます。

私は山田詠美さんが文壇にデビューされたこの作品が出版された当時高校生でしたが外国人の恋人とのロマンスが描かれたこの作品は田舎育ちの私には衝撃でした。

同時にまだ住んだこともないナイトクラブのあるような街(外国人の多い)と大人の複雑な恋愛を想像してはまだ本当の恋など知らない頃の衝撃的なラブストーリーを初めて読んだ経験でした。

それからも山田詠美さんの作品はたくさん読みましたが初めてこのデビュー作のベッドタイムアイズの中の゛リスントゥザレイン雨の音を聞きなよ…″というヒロインに恋人がいうシーンは素敵で実は私は高校を卒業して就職する時会社の面接で好きな本の事を人事の人に聞かれあまりにもベストセラーだったから言うのをどうしようか迷ったのですがこのストーリーの話しをしました。

愛読書は赤毛のアンですなんて優等生にならずに。

【書評】タクスズキさんのサラリーマンが副業ブログで35万円稼ぐまでの奮闘記を読んで思ったことや解決した悩みとかをまとめてみた【副業】

概要

タクスズキさん執筆の副業ブログ書籍の書評


こんにちは!タクスズキさんの書籍を読んで納得の言葉しか今は出ない状態の@citmbです!

まず、この書籍の良いところはタクスズキさんがブログで稼ぐまでの経過を、ブログがバズった経験や、NEVERまとめの失敗談とか、とにかく経験談方式で説明してくれているところなんです!

まだブログを始めていない人や、今その真っ最中の人、今も続けていて「あ〜俺もそんな時あったなぁ〜」なんて懐古できるそんな書籍なんです!

学校の教科書みたいなつまんない事は一切書いてありません!
専門家みたいな難しいことも書いてないです。

タクスズキさんが地べた這いつくばって、泥水啜っているそんな泥臭い中を、ブログで稼ぐまでの成功や失敗談を100%本人の体験談を綴っている、それがこの書籍、サラリーマンが副業ブログで35万円稼ぐまでの奮闘記です!

↓関連記事はこちら↓
【書評】映画化もして話題沸騰中!有川浩の「植物図鑑」を読んでみました。 - 徒然草のように(仮)
【書評】大槻ケンヂさんのリンダリンダラバーソールについて書いてみました。 - 徒然草のように(仮)