読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然草のように

個人ブログです。

実際に会社を失業してハローワークで失業給付金を受給しながら職業訓練校を探したり在籍していた会社に異議申し立てしたりしていたときのおはなし。

失業給付金 失業 給付金 社会 会社 組織 ハローワーク 職業訓練校 職業
友だち追加

今回は会社を失業して失業給付金を受給しながらハローワークに通っていたときの話をしたいと思います。

自分語りなので適当に聞き流してください。

私はある会社に契約社員として勤めていました。

勤務態度は自分で言いますがそこそこ真面目で特に目立った問題もなかったと思います。

半年ほど勤めたあとでした。

急に身体の調子がおかしくなりました。

家族に相談すると病院に行くことを勧められ仕方なく病院に初診で予約して行くことに。

お医者さんに診てもらったあとこのブログでは詳しい話は控えますが"就業不能"と診断されました。

その病院に初めて行く前から最寄りのハローワークに通っていました。

就職活動と失業給付金を受給するためです。

ハローワークの窓口では職業訓練校を勧められました。

噂でたまに聞いていたハローワークの窓口で職員の人に恫喝されたり説教されるというのは全くありませんでした。

結局職業訓練校も2つほど面接を受けましたがどちらも落ちました。

おそらく想像ですがまだ年齢的にも若いのと職業訓練校が無くても就業できるだろうと訓練校の人に判断されたのだと思います。

ちなみに職業訓練校というのは専門学校みたいなイメージで大丈夫です。

ちなみに職業訓練の面接を受けに行っている時期と病院で就業不能の診断を受けた時期が微妙に重なっています。

失業給付金の受給が確か私は3ヶ月間くらいでした。

貯金も底をついており一応ギリギリの生活を送っていました。

その時もネットでもいろいろ調べていました。

その時にネットかなにかで失業給付金の受給延長のことも調べたりしていました。

その時に労働基準法の中から受給期間が延長できることがわかりました。

私の勤務時の残業の時間数の関係で自己都合退職から会社都合退職に申し立てをし切り替えることができました。

なので失業給付金の受給期間も確か2ヶ月間くらい延長されました。

正直結構何年も前のことなのであまり細かく思い出すことができないのですがまぁそんなかんじでした。

そんなこんなで2ヶ月長く生き延びられました。

その後は病院に行ったりいろいろしながらまぁ取り敢えずいろいろありました。

日雇いのバイトもいろいろ行ったり今思えば良い経験になりました。

今でこそ生活できていますがあの時は本当に家族のアドバイスや支えが無かったら今の私は存在していないと思います。

社会人は身体が資本という事となんでも周りの人に相談することの大切さを身をもって経験することができました。

なので今でも同じような境遇の人を見ると居ても立っても居られなくなるときがあります。

周りのサポートも大切です。

もちろん家族の存在もです。

環境や1番に自分の身体の健康それが1番大事です。

なんとなく思い出したので文章にしてみました。

まとめ

身体に異変を感じた時は躊躇わず病院に行くこととなんでも家族や相談しやすい人に相談するようにしてください。

これがまだ25年しか生きていない若輩者の私がみなさんに伝えたいことです。